Category

最近の記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Yusuke Okuno Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年のCD11枚
25 - Adele


なんだか、最近ではありえないレベルで売れているみたいですが'(日本ではそうでもない?)、納得です。 





Blur - The Magic Whip


ブリットポップ全盛の頃はOasis派!? というか、Blurにはピンと来ていなかったのですが、ブリットポップの終焉後の奮闘期からあれ?
そして、この復活作はハマりました。 シンプル&リズムは打ち込みものバランスがちょうど良いなと。





Coldplay - A Head Full of Dreams


内向的な作風の前作からハマりました。ということで、今作は派手という話だったのでどうかなあと思っていたのですが、一回内向的になった影響は残っていて。





Don Henly - Cass County


Don Henlyの声、好きなんですよね〜。カントリー縛りのアルバムなのですが、ということもあってか、いつも以上にメロディーが繊細で。Mick Jaggerや、Dolly Partonといった個性派!?シンガーとの共演も楽しみました!





James Taylor - Before This World


13年ぶりの新作!!! 今まで以上に皆が思うJames Taylor像のまま!という内容に思えましたが、いいんです。13年ぶりですから!





Janet Jackson - Unbreakable


Michael Jacksonとデュエット!?と最初に聴いた時には勘違いする曲がちらほら。今までは似ないようにしていたのかな? 兄の影響も含めてのJanet Jacksonなんだという内容。
そして自分が好きだったVelvet Ropeの雰囲気も。 





Keith Richards - rosseyed Heart


こちらソロとしては23年ぶり…。でも前作が家に来たの(親が購入)なんとなく覚えているなあ。とか思い出に浸っちゃたりするくらいの年月ぶりのソロですが、これもKeithです。。。 文句なし。





Los Lobos - Gates Of Gold


Los Lobosにしてはストレートなロックかなと。そこがたまらなかったです!





Low - Ones and Sixes


スロウコア、サッドコアの先駆的バンドということなのですが…。Wilcoのjeff tweedyがプロデュースの前作から聴いているのですが、今回、より良いです! SUB POPからリリースというのもなんだか上がりました!





Noel Gallagher - Chasing Yesterday


ということで、Oasisの兄貴の新譜。前作より好きです。ダンス系への接近具合も自分の好みとあってみたり。





Rod Stewart - Another Country

カバー路線からオリジナルに帰ってきての2作目。よりやりたい放題な今作。R&Rはもちろんの事、カントリー、ブルーズ、ケルト、とルーツをより鮮明に出してきていて、それがいちいちハマるんです。 Rod Stewartって作曲家としてあんまり評価させている感じはしないのですが、彼の作る曲が自分好きなんです!




2014年は年末年始忙しすぎてできなくて、なんとなく悔しいまま一年経ってしまいました。
2015年はやる!ということで気合い入れたら10枚に選びきれず11枚に。
いいんです。別に。
そして2013年の時も書きましたが、
邦楽入っていない…。
一応日本で音楽しているんだから、
もっと聴かないとと思いつつ。。。



後よく聴いたのが、
Billy Gibbons And The BFG's - Perfectamundo
Brian Wilson - No Pier Pressure
Bryan Adams - Get Up
Chris Cornell - Higher Truth
Christian McBride Trio - Live at the Village Vanguard
Duran Duran - Paper Gods
Electric Light Orchestra - Alone In The Universe
Father John Misty - I Love You, Honeybear
Gaz Coombes - Matador
J.D. Souther - Tenderness
Jack Savoretti - Written In Scars
Mark Ronson - Uptown Special
Prince - HITNRUN Phase One
Rickie Lee Jones - The Other Side Of Desire
Ringo Starr - Postcards From Paradise
Scott Weiland - Blaster
Stereophonics - Keep the Village Alive
Tom Paxton - Redemption Road
Wilco - Star Wars
Willie Nelson & Merle Haggard - Django And Jimmie
サザンオールスターズ - 葡萄
Char - ROCK 十
TEI TOWA - CUTE
引田香織 10th Anniversary LIVE会場限定CD
引田香織さんのデビュー10周年 記念コンサート LIVE会場限定CD
を作らせていただきました。
(最近、こういうの多いなあ)

12193430_912111778879679_5551377599620751120_n.jpg

引田さんとは、Mint Julepの頃からお世話になっています、
ハーモニカ吹き 居相毅さんの誕生祭ライブでご一緒させていただき、
そこで意気投合。

(ライブリハのため、メンバーに聞いてもらう用に録った音源を上げてくれていました。)
その後、ライブに飛び入りさせてもらうつもりが、
がっつり対決のようになったライブをさせていただき…。

そして、音源制作までさせていただきました。

引田さんの自宅スタジオにて、
ピアノ弾き語りを1曲。
そして、自分のギターと引田さんの歌で2曲を同録一発どり!
そこに引田さんの盟友、熊本比呂志さんがPerを加えて。
(熊本さん、20年弱前、自分のバンドのライブを見たことがあるということで…)

12188757_909094835848040_2074596071_n.jpg

曲は、3局とも引田さんが歌ったアニメの主題歌の再録音。
が、だいぶ化けています!?

11169129_909094839181373_1130488013_n.jpg
(上記2枚 撮影 熊本比呂志)


クリックでの重ねどりが最近多いのもあって、
録音楽しかった!
ミックスは…、その分思っていたより大変でしたが…。
最終的にいい感じにうまくまとまったかと!

IMG_0047.jpg

ぎりぎり九州でのライブ前に間に合い、手渡し。
(Mint Julep以来かな…、ひさしぶりに焼きました。)

IMG_0051_201511041444544f8.jpg

11/6 福岡Brick Hall、11/15 四谷天窓.comfort での10周年 記念コンサート。
気になった方は是非、足を運んでみてください!

ステキなエコたわし
発売からちょっと時間が経ってしまいましたが、
関わらせていただいた峰岸由美子さんのシングル
"ステキなエコたわし"
の紹介を。

ステキなエコたわし


峰岸さんは、忠英さんを囲むギターサークル(といっても、ここ数年は飲みサークルですが…。)仲間で、元々は高校の同級生のお母さん!
シャンソン歌手として活動してこられた方なのですが、最近は自作曲も作ったりしていて、
一昨年に一緒に音源を作らせて頂いたりもしています。

峰岸さんは、宮城県南三陸町の仮設住宅で暮らす女性たちが手編みで作っている「エコたわし」を応援する会、"「エコたわし」で復興を応援する会"に参加されてもいまして、東京の東北復興イベントなどで販売を手伝ったりしていたのですが、その応援歌を作ったんです。
そして、せっかくだから音源にしたいねという話はしていたのですが、
そこに今年の新年会で忠英さんが乗り!
忠英さんSound Produceということでうちで録音。
ギターサークルの雪乃さんやうちの奥さんも参加!?
ミックスやら、ジャケット制作は自分がさせてもらって、
3月の終わりに発売になったのでした。


"エコたわし"付きで¥1,000
売り上げの一部は寄付されることになっています。

今のところ、峰岸さんの手売りか、自分が何枚かもっているので、
そこから買うことができます。
聴いてみたいというかたは連絡いただければ!
あと、なんと忠英さんがツアーに持って行ってくれてもいるということなので、
忠英さんファンの方も、ぜひお買い求めいただけると嬉しいです!


ECOTAWASHI.jpg



朝霧裕『空の音』
もう10年になるんですって、一緒に演奏するようになって…。

だっこ殿こと朝霧裕さんのミニアルバム
『空の音』
誕生日である2/28に発売になりました。



1st 『ドレミ』, 2nd『ファイン』, 3rd『空の音』

あと、

車いすの歌姫車いすの歌姫
(2010/04/16)
朝霧 裕



と(書籍ですが、5曲入りおまけCDが付いているのです。)
結構な曲数、一緒に作ってきたなと。

ウエルドニッヒ・ホフマン症という難病を抱えているだっこ殿。
彼女を聴いているお客さんのなかには、難病なのに頑張っているから応援する、だから泣ける。みたいな思いで来てくれる方も当然います。
自分もそう思う気持ちがないわけじゃないだろうし(もう付き合い長くてよくわからないけど…)、それがいけないわけでは絶対にないとは思うのですが、だっこ殿はそういう障害がある歌い手が歌っているということを、そしてそれを歌詞にだすのを、嫌っていたんです。
障害を売りにしてるように思われるのが嫌だと。
エッセイも彼女は書いているのですが、そちらは障害のこときちんと向き合って書いているのに(ってエッセイですから当たり前ですが…。)、歌にはまた違った思いがあった故のことですが。

ただ、可愛い女の子だからCDを買う、同じ思いだからCDを買う
というのと自分は極論変わらないと思うんですね、音を楽しむうちの1要素というか。
それを含めての演者なんだと。

そして、障害があるから、難病だからこそ強く響く唄が絶対にあると思うんです。
そしてそれは障害を売りにするということではないと(別にそれでもいいじゃない!?)

前回から今回のCDの間で、そこを考えさせられる出来事や出会いがたくさんありました。
もうむしろ導かれているんじゃないかというくらい。

そして今回の制作の中で、新たな表現を手に入れた気が自分はしています。


と、長くなってしまったのですが、
そんなドキュメントにもこのCDはなっている気がします。
ライブ会場以外に、
http://yuhasagiri.theshop.jp
でも購入できるので、皆様是非聴いてみてください。

と、宣伝丸出しかもしれませんが…。


と、ここまで書いてきて、
この次にアルバム作るときが、
手に入れた表現が開花する時なんじゃないかと。
というか開花させなきゃならないと。


と思う、10年目なのでした。

Relax & Slow Natural Style - 吉川忠英 に参加させていただきました。
吉川忠英さんの8/29に発売されるインストゥルメンタルアルバム
『リラックス&スロー〜ナチュラル・スタイル』
に、レコーディングエンジニアとして参加させていただきました。

fc2blog_201408261822231df.jpg

そして、そのレコーディングについて、
Acoustic Guitar Magazineの忠英さんの連載の中で
書いていただいていたするのですが、
このCD、大部分を僕の部屋で録っているんです!?


アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2014年 9月号 Vol.61 (CD付) [雑誌]アコースティック・ギター・マガジン (ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE) 2014年 9月号 Vol.61 (CD付) [雑誌]
(2014/07/26)
アコースティック・ギター・マガジン編集部



高校時代に春日町青少年館でのギター教室に参加してからお世話になっています。
当時スタジオミュージシャンとしての活動がメインだった忠英さん。
スタジオミュージシャンとして日本一と言ってもおかしくないくらいの録音をしている忠英さん、
有名なところでは『なごり雪』『やさしさに包まれたなら』『秋桜』『涙そうそう』『贈る言葉』etc...
日本人で聴いたことのない人はいないようなギタリストなんです。
それが、中川イサトさんと北海道をまわったことからツアーが主体の活動へ。
自分は最初の6〜7年間、お供をさせていただいたんです。
(このツアーで本当に鍛えられました自分、今思うともっといろいろやれたというかなんでやらなかったんだということも多いのですが…。)

僕はこの頃から家で録音(宅録ですね)もよくしていて、
なにがきっかけだったのかはよく覚えていないのですが、
多分 Mint Julepやら、自分のCDを聴いてもらったことからかな?
忠英さんがうちでデモなんかを録るように。
CMのデモが良かった!と本テイクに採用されたり、
ツアーでの出会いから生まれた曲を録ったり、
(紋別の歌『春を呼ぶ流氷』、ザスパ草津の応援歌、奄美の専門学校の校歌、etc...)
これらは、その地域やコミュニティ限定の音源ということもあって、
自分がプログラミング、ミックス、マスタリング、等も忠英さんにしごかれつつ、
やらせてもらって。

去年は、地域限定CD(だったはずが、好評でツアーにも持参ということになりましたが)
『棚田姫』『くもりのち晴れ』
と2枚をうちで続けざまに制作。
その最中に、
Dellaというヒーリング・ミュージックに特化したレコード会社からCDを出すという話があって、それも引き続きうちで録りたいと言っていただいて。
平行して録り始めたのが、今回の音源でした。
3枚合わせて期間にして2ヶ月とちょっとはうちに忠英さんが来ていましたでしょうか…。

ということで、なんとこのアルバム、大半は自宅の僕の部屋(忠英さん命名!? Studio Okuno)での録音なのです。


ミックス、マスタリングそして、ガットギター等の録音はDellaのほうで行ったので、
僕はもちろん関わっていませんが、
忠英さんのアルバムにレコーディングエンジニアとしてここまで
参加させてもらったのはもちろん初めてで。
CDを今日忠英さんから直接渡していただいたのですが。

嬉しい。

是非、皆さんにも聴いていただきたいなと!


そして長くなってしまったので、続きは次回ということで。


リラックス&スロー~ナチュラル・スタイルリラックス&スロー~ナチュラル・スタイル
(2014/08/29)
吉川 忠英





Profile

奥野裕介


奥野裕介


  音源制作や
  様々な歌い手さんの
  ギターサポートしています

  自分で歌うことも多々!

YUSUKEOKUNO.INFO

Links

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Mint Julep

Mint Julep web site

「桃色バカンス」

「物語をつなぐもの」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。