Category

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Yusuke Okuno Blog
2013年のCD10枚
今年も、CD10枚選んでみました。
新作のALBUMに限定してということで。

Still Fighting the WarStill Fighting the War
(2013/06/25)
Slaid Cleaves



今年、一番聴いたCDです。
テキサスのSSWということですが、自分今年初めて知りました。





Finally HomeFinally Home
(2013/01/29)
Blue Sky Riders



いきなり時代性もなにも関係ない雰囲気のカントリーロックというのでしょうか?
Kenny Logginsを中心に歌える3人が集まって、コーラス満載のアコースティックよりのロックです。
これは10枚にいれるの非常にくやしいんだけど、入れない訳にはいかないかなと…。





Civil WarsCivil Wars
(2013/08/06)
Civil Wars



カントリー・フォーク・バンドということなんですが、Led Zeppelinかと思う瞬間も多々。
これが2作目とか。日本こないかな〜。





Lucky NumbersLucky Numbers
(2013/09/27)
Dave Stewart、Martina McBride 他



元?Eurythmicsのギタリストのソロアルバム。というより、僕にとっては、
Mick Jaggerの共作者、プロデューサーというイメージで。
ルーツロック風の音なんですが、今をきちんと意識した結果この音になってる
んじゃないかと。もしかしたら今年2番かも。






My Favorite Picture of YouMy Favorite Picture of You
(2013/07/18)
Guy Clark



これは染みました。うちの親父さんの買ったCDですが、
(って結構今回のなかに親父さんのCDあったりします…)
カントリーの大御所達が出す新譜って今のロックより、
尖っている気がするのですが…。



American KidAmerican Kid
(2013/05/07)
Patty Griffin



カナダのSSWで、Robert Plantが参加という事で聴いてみたんですが、
エキゾチックなアコースティックロックという雰囲気で、
かなり気に入りました!





Lightning BoltLightning Bolt
(2013/10/10)
Pearl Jam



結構グランジの負の部分を背負い込んで活動している感じがしていた
Pearl Jamがこんな曲をやれるようになるというだけで、
泣けてくるんです…。





Crimson / RedCrimson / Red
(2013/10/08)
Prefab Sprout



前作に引き続き、自身の打ち込みを中心とした演奏で、
ちょっとしょぼかったりするのですが、
メロディが…。
素晴らしすぎます。



TimeTime
(2013/05/02)
Rod Stewart



十数年ぶりのオリジナルアルバム。
カバー専門歌手になってしまうのかと、
ファンも危惧していたと思うのですが、
クオリティの高いオリジナル曲、アレンジは、
マンドリン等も入った70年代の雰囲気を、
音の分離が良い今風の録音で。
という勝ちパターンですね。
完全に戦略に自分負けました。





Feels Like HomeFeels Like Home
(2013/09/10)
Sheryl Crow



このアルバム、あんまり話題にならなかったような気がするのですが、
自分、Sheryl Crowのアルバムで一番好きかもです。




ということで、10枚でしたが、
今年は自分のなかで小粒に感じちゃったかなあこういう風にならべてみると。
あ、そして邦楽が入っていない…。
好きなアーティストの新譜も多く出たんですけど、
そこまでぴんはこないものが多かったり。

後よく聴いたのが、
My True Story - Aaron Neville
Traces of You - Anoushka Shankar
Reflektor - Arcade Fire
AM - Arctic Monkeys
BE - Beady Eye
On Air Live At The BBC volume 2 - The Beatles
Foreverly - Billie Joe & Norah
This Is What I Do - Boy George
Amelita - Court Yard Hounds
The Next Day - David Bowie
Diving Board - Elton John
Old Yellow Moon - Emmylou Harris
Paradise Valley - John Mayer
The Messenger - Johnny Marr
The 20/20 Experience - Justin Timberlake
The Invisible Way - Low
Push the Sky Away - Neil Young
Sarawoga - Oliver Mtukudzi
Black Radio 2 - Robert Glasper Experiment
Build Me Up from Bones - Sarah Jarosz
Icon - Sheila E.
The Last Ship - Sting
Comedown Machine - The Strokes
Return To Zooathalon - Sananda Maytrya
Where You Stand - Travis
To All The Girls... - Willie Nelson
Zooey - 佐野元春

てな感じでしょうか。

後はリイシュー盤はいっぱい聴いたような。
Eric Claptonとか、Nirvanaとか沢山出ましたよね。

来年は新譜で衝撃を受けるような音楽にあいたい!



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yusukeokuno.blog17.fc2.com/tb.php/1012-f09cdf1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Profile

奥野裕介


奥野裕介


  音源制作や
  様々な歌い手さんの
  ギターサポートしています

  自分で歌うことも多々!

YUSUKEOKUNO.INFO

Links

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Mint Julep

Mint Julep web site

「桃色バカンス」

「物語をつなぐもの」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる