FC2ブログ
Category

最近の記事

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Yusuke Okuno Blog
2011年のCD10枚
去年もやりました、
http://yusukeokuno.blog17.fc2.com/blog-entry-760.html
今年の新譜で良く聴いた10枚
今年もやってみたいと思います。


So Beautiful Or So WhatSo Beautiful Or So What
(2011/04/07)
Paul Simon

商品詳細を見る

元Simon & GarfunkleのPaul Simonの最新作。
前作
SurpriseSurprise
(2006/05/09)
Paul Simon

商品詳細を見る
がBrian Enoを迎えての現代風アレンジでかっこ良かったのですが、
メロディーが印象的でないなあと。
今回は尖ったアレンジは残しつつ、
メロディーが良い!
より若々しい感じがさすがだなあと。
70歳ですけどね…。



HoSoNoVaHoSoNoVa
(2011/04/20)
細野晴臣

商品詳細を見る

こちらは年相応?というのがよいのかな。
細野さんの場合、最初から老成していたから変わらないというか、
YMOや高橋幸宏さんとの活動が尖っているので、
こちらはそれとは全く別なアコースティックな世界観。
たまりません!



How to Become ClairvoyantHow to Become Clairvoyant
(2011/04/05)
Robbie Robertson

商品詳細を見る

元The BandのRobbie Robertsonの相当ひさしぶりのソロアルバム。
ソロ一作目
Robbie RobertsonRobbie Robertson
(1987/01/01)
Robbie Robertson

商品詳細を見る

が本当に好きな自分としては待ってましたの一枚!
クラシックロックの要素とオルタナの混ぜ具合が気持ちいいなと。
The Bandファンには不評のようですが僕は好きです!



Natural HistoryNatural History
(2011/05/31)
J.D. Souther

商品詳細を見る

Eagleの曲を書いているソングライターのイメージの強いJ.D. Souther
歌声も僕は大好きなのですが、
これはEagleや地震の曲をほぼピアノとアコギだけでセルフカバーしたアルバム。
メロディーのよさがこれでもかと響いてきます。
来日公演もみてきたのですが、
ミスも気にせず、ラフに紳士に演奏するJ.D. Souther。
幸せな時間を過ごせました!
今年Eaglesも観たけど、ショーとして完全に出来上がっている
EaglesとJ.D. Souther、対照的だったなあと。
僕がより楽しめたのはJ.D. Southerでした!



やっとかめやっとかめ
(2011/08/10)
センチメンタル・シティ・ロマンス

商品詳細を見る

こちらも相当ひさしぶりのアルバム。
というか僕が好きになってからオリジナルアルバムが出るのは初めてですね…。
センチメンタル・シティ・ロマンスの皆さんとは
忠英さんを通じて知り合う事が出来て、
そしてコーラスの効いた70年代ロックの影響色濃いサウンド。
僕のあこがれのバンドです。
新譜だけど、既聴感、でも新鮮!
次のアルバムはもう少し早くお願いします!



Noel Gallagher's High Flying BirdsNoel Gallagher's High Flying Birds
(2011/10/18)
Noel High Flying Birds Gallagher

商品詳細を見る

解散してしまったOasis。
弟Liam率いるBeady Eyeのアルバムも出ましたが、
Different Gear, Still SpeedingDifferent Gear, Still Speeding
(2011/03/01)
Beady Eye

商品詳細を見る

僕は兄Noelのこのアルバムの方が好きだったなあ。
すでにクラシックアルバム的な佇まいがありつつ、
スタジアムロックからの離脱を両立しているのが、
気持ちいいなと。
でもメロディーはOasisを思い出させるところもあったりで。
結構聴きました。



Bad As MeBad As Me
(2011/10/25)
Tom Waits

商品詳細を見る

これは待ってましたのKeith Richardsとの再共演!
このだみ声二人のデュエット、
Keithの独特のタイム感のギターとTom Waitsの絡み。
本当に奇跡の組み合わせと僕は…。



Belle (韓国盤)Belle (韓国盤)
(2011)
Bic Runga

商品詳細を見る

ニュージーランドで一番の売上を誇る女性シンガーソングライター、
Bic Rungaの新譜です。
Neil Finnがプロデュースしていたこともあって知ったのですが、
Neil Finnの新譜が…だったのですが、
Pajama ClubPajama Club
(2011/09/13)
Pajama Club

商品詳細を見る
こちらはよかった!
ニュージーランド、僕好きなミュージシャン本当に多いんです!
Neil Finn、Big Rungaに共通する
手作り感を感じさせるアレンジは、自分影響を受けていると思います。



CondensateCondensate
(2011/10/18)
Original 7ven

商品詳細を見る

Princeが作ったグループのThe Time、そのメンバーが集まっての再結成盤なのですが、
PrinceがThe Timeの名前を使う許可を出さなかったそうで…。
が、音はThe Time、というかPrince印。
今のPrinceよりPrinceっぽい?
それもJam & Lewisという名プロデューサーグループがメンバーです、
クオリティが高い!!!

そして、今年は新譜がなかったので来年は楽しみにしていますPrince!



Everything ChangesEverything Changes
(2011/10/11)
Julian Lennon

商品詳細を見る

Julian Lennonの相当ひさしぶりの新譜(なんかそんなのばっかりですね今回…)
前作
Photograph SmilePhotograph Smile
(1998/05/04)
Julian Lennon

商品詳細を見る
が、僕の生涯ベスト10に入るくらい好きなアルバム。
なので相当期待して聴いたのですが、
全曲同じくらいのテンポ感に、雰囲気も近い感じで。
でも、聴き込んでいくとそれが気持ちよい!
前作より若々しい、そして神々しい?
そんな雰囲気の一枚です。
次はこんなに待たせないでねと。
でもJohnの息子ですからお金には困ってなさそうですからねえ~。



ということで今年良く聴いた新譜10枚でしたが、
今年はリマスター盤をよりよく聴いた気もします。
The Rolling Stones、U2、Nirvana、Beach Boys,etc...
と好きなアーティストのリマスター&デラックスエディションが
沢山出たなあと。
James Blakeとか新しい方のCDも聴いてはいたのですが、
印象としては大御所の方が強いかなあと。
James Blakeもかっこいんですが、
やはり僕はメロディーの印象的な人が好きなんだなと。

良いメロディーに、少し現代的な、少しあれっと思わせるアレンジ、
が好きなんだなあと。

こうやってまとめてみると自分の好みがわかったやはり面白いですね。


来年は月ごとにまとめてみたいなと。





テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

みちのくギター旅2011冬 (八戸~青森)
25日は八戸 パワーステーションA7
もう何度目でしょうか?
みちのくツアーではもうおなじみの場所です。

イメーシ#12441; 2

イメーシ#12441; 3
(自分の写真も!豊島さんありがとうございます!)


終演後声をかけてくれる方も多く。
ソロの音源、本当に次回仕上げて持って来ます!


打ち上げは1回目の東北ツアーではライブもさせていただきました"屯田兵"で。
マスターが毎回、箸入れ?にシャレのきいた言葉を書いてくれるんですが、

IMG_0694.jpg

わかるかな?
結構うれしい!
ということで、ここで僕は酒に潰れ…。
まあ、そういう日もあります。


そして、26日には青森へ。
RAB青森放送のラジオに出演。

IMGP2777.jpg

毎年、天気予報のテーマを作ってとか、
がんばっている林檎農家へ曲を作ってなどと、
番組中に曲を作らされるという無茶ぶりをしてくるRAB青森放送。
実際天気予報のテーマ等数曲は今も使われているらしい…。
今回もそうなるのではと、ブースの外で見ている青森マネージャーのKimyさんと僕は戦々恐々。
が、今回は無事に終了!?

そして夜は浅虫温泉「ヘルシーインあさむし」でライブ。

IMG_0700.jpg

12月としては8年ぶりの大雪という事で後ろ凄い事になっています…。

ライブは忠英さんを初めて観る方も多かったのですが、
Country RoadやJambalaya等、有名曲から攻めて、
がっちり盛り上がりました!
お客さん達歌う歌う!


そして最終日は青森市内に戻って、
BJ boulevardでのライブ。
大雪による大渋滞で、
開宴時間に間に合わない方が続出…。
30分ほど開演を遅らせる事に。

そこで!?急遽前座として、
吉川忠次郎さんが出演!?

IMG_0716.jpg

普段のライブではやらないレア曲を!!!
『人前で弾くのが一番練習になる』
と。
確かに!?

そして忠英さんも、忠次郎に影響されてか、最終日だからか
本編でも今回のツアー初登場曲もありで、
盛り上がりました!


僕は、忠次郎さんの突然の登場で、
バタバタしてしまい、
ちょっといっぱいいっぱいのステージに…。

P1000126.jpg
(写真見つつ、最近のノエル・ギャラガーと同じ髪型だなあなんて
kimyさん写真ありがとうございます!)




今回のツアーは直前になってご一緒させて頂く事が、
決まったのでいろいろバタバタなところも自分にはあったのですが、
忠英さんの演奏は自分の中のアコギの、
そしてライブの原点で。
ライブ中のMCでもしゃべっていましたが、
もう忠英さんに出会って15年!!!
音楽を生業にしているのも忠英さんと出会っていなかったら、
どうなっていたことやら。

今回、このタイミングでツアーに同行出来て、
本当によかったなと。
忠英さん、ありがとうございました。


年末、本当にバタバタになっていますが…。


そして、やっぱり弾き語りが好きだ!


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


Profile

奥野裕介


奥野裕介


  音源制作や
  様々な歌い手さんの
  ギターサポートしています

  自分で歌うことも多々!

YUSUKEOKUNO.INFO

Links

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Mint Julep

Mint Julep web site

「桃色バカンス」

「物語をつなぐもの」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる