fc2ブログ
Category

最近の記事

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

FC2カウンター

Yusuke Okuno Blog
The Beach Boys観てきました!
QVCマリンフィールドへ結成50周年という!!!The Beach Boysを観に行って来ました!

Brian Wilsonが参加しての来日はもう間違いなくないだろうし、
今年出た新譜が良かったので、懐メロショーみたいなテンションにはならないだろうなと思って。

オープニングアクトは星野源さん。
なぜ?と思った人も、だれ?と思った人も多いだろうけど、まだ青空の空野外にゆったりとした曲があっていて、「ビーチボーイズのファンで…」という言葉に拍手がおきたり良い雰囲気。

二番手はAmerica!!! これは発表された時には嬉しかった! Julian LennonのカバーしたI Need Youを聴いてからかなりファンだったので。
出てきた時感じた普通のおじさん風佇まいのせいか、上手いコピーバンド!?という瞬間も最初あったけど、後半にいくにつれ盛り上がって行くのは流石でした。途中クリストファー・クロス!?の突然の飛入りはびっくりしたな~。

そしてすっかり暗くなり客席も埋まったところで、待ってましたのThe Beach Boys!
最初から飛ばす飛ばす!
初期のヒット曲をこれでもかと鉄壁のバックバンドと共にメドレー!
中盤ではミニSmile(未発表アルバムとしては世界一有名なアルバムだった?)コーナー、亡くなったメンバーのボーカルを音源から抜き出して現バンドで演奏、Pet Sound(ロックアルバム100とかやると必ず上位にくる名盤)コーナー。
後半はまだまだヒット曲を畳み掛けるという、どこまでもお客さんを裏切らないセットリストでした。
クリストファー・クロスもまた出てきたし。

全曲ヒット曲というかスタンダード、それをひたすら繰り出すのは、The Beach Boysくらいしか出来ないよな~と。
そしてただのお祭りになるのを食い止めるBrian Wilsonの佇まい。って、終始キーボードの前で無表情、何もしていない時も多々。なんですけどね。Popsに必要な憂いを一手に引き受けているようで。
そして驚いたのは結成当時に一瞬だけ参加したというDavid Marks。今回の再結成が決まった時には誰?と多くの人が思ったであろう存在ながら、ほぼ全曲のリードギターを弾いていて、それが適度にラフでロックで!完璧すぎてロックから離れてしまってもおかしくないバックバンドの演奏を引き締めているいうに感じました。

てなことで大満足だったThe Beach Boysの公演。

八戸から駆けつけたかなめくん&母を始め、知り合いにも何人にも会えたし。

いやあ、ほんと凄かった~。


Daniel Lanois見てきました!
ビルボードライブ東京にダニエル・ラノワを観にいってきました。

U2の
Joshua TreeJoshua Tree
(2007/12/10)
U2

商品詳細を見る

Peter Gabrielの
UsUs
(2010/09/28)
Peter GabIriel

商品詳細を見る

Bob Dylanの
Oh, MercyOh, Mercy
(2010/05/11)
Bob Dylan

商品詳細を見る

等、僕の好きなアルバムを沢山プロデュースしている上、
シンガーソングライターとしてのソロアルバムも良い曲が多く!
AcadiaAcadia
(1989/09/20)
Daniel Lanois

商品詳細を見る


そんなダニエル・ラノワの初来日公演!
僕より洋楽好きの!?両親と行って来ました。

業界の方が半分以上なのでは?という雰囲気。
(ピーター・バラカンさんが!!! バラカンモーニング毎日聴いています!佐野さんも!?)


アルバムの繊細な世界観よりロックな印象でびっくりしましたが、かなり楽しみました!
ロックトリオのフォーマットの良さを再認識したというか。
ちょっとドラムに引いて欲しいなとか、
自分もコーラス好きだけどハモりすぎだよ。
と思った瞬間もあったけど、
そういうことも含めて、セッション的な空間を演奏者達が楽しんでいるようで、いいなあと。


ちょっと気になったのが
MC中はいいとして、演奏中も周りを気にせず喋る!人が多かったような…
それも
「ダニエル・ラノワはドラマーがブライアン・ブレイドになって完璧になった」
(もう20年近く一緒にやってるけど??)
とか
「好きな曲1曲目にやっちゃったよ、どうしよっかな」
と、
ん!?と感じることばかり聴こえてきたような…

気合で音楽に集中してのりきりましたが、

そもそも、ミュージシャンでも、
メロディーとか、プロデュース力なんかより、
プレイヤーの技術力のことばかり話している人多くないですか?
今日のダニエル・ラノワ観たら、ミストーンがあろうが、リズム隊と多少ずれようが、空気感が作ることが重要ってわかるでしょ。
それをブライアン・ブレイドがどうこうと延々と…
なにを見にきてる!!!(ブライアン・ブレイドなんでしょうけどね…)
歌、音楽の為の演奏であって、演奏のための音楽じゃないと僕は思う!!!

あ、乗り切れていないですね…


ともかく、
ヒゲを蓄えて80~90年代とは別人のようなダニエル・ラノワ、堪能させて頂きました。
同じくカナダ出身のニール・ヤングを思い出したりしました。


ロックトリオやってみたくなった!


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

マーティンクラブのライブを見てきました
マーティンギターのファンクラブ、マーティンクラブジャパン主催のライブ Rebirth Tour へ行ってきました。

ホスト斉藤誠、出演順で、おおはた雄一、小倉博和、藤原ヒロシ、吉川忠英、中川イサト、渡辺香津美、バンバンバザール (敬称略、…でいいのでしょうか…) という日本のアコギ界、というかギター界好きにはたまらない面子。
堪能させていただきました。

一人大体1、2曲で、間で共演という進行だったのですが、個々のプレイスタイルの違いが如実に感じられて面白かった!
最後の全員でのセッション!?でのソロ回しもしかり。
他の皆が早弾き?的なソロで攻めていたのに対し、最後の忠英さんがハーモニクスから入った時の会場のおお!という雰囲気はよかったなあと。


そして、最終的には練習しよう!
という感想に落ち着くわけなのですが…


そういえば、ホール入口にマーティンギターが飾られていたのですが、



210万!凄いなあ~ と打ち上げの時に話していたら、
いやいや、2100万だよ
と…
16年ぶりのEAGLES@東京ドーム
昨日、EAGLES行ってきました!

一度行った事あるから今回の来日公演は行かなくても
と思っていたのですが、
前回が16年前ということに気付いてしまい、
それって…。

ということで、前日にチケットを手に入れ行って来ちゃいました。

3年ほど前に出た新譜
Long Road Out of Eden (Dig) (Spkg)


Long Road Out of Edenのツアーってことで、
再結成懐メロツアーみたいなことにはなってないだろうな
という思いも改めて観たかった理由のひとつなんですが、
その中から5~6曲はやってくれたのではないでしょうか?
タイトル曲も含めドン・ヘンリーのメッセージ色の強い楽曲が
EAGLESの現役感をつなぎ止めていたなあと。
新曲、過去の名曲に負けていなかった!
Long Road Out of Eden、良いアルバムだと思うので皆さん是非聴いてみて!

そして、サポートメンバーのスチュアート・スミスが弾くギターが良すぎて、
いやあ、感激でした!
ちょっと調べてみようと。

もちろん、有名曲のほとんどを演奏!の3時間強!!!
かなり満喫させていただきました!

ドン・ヘンリーが太ってしまって、
隣の頑固おじいちゃんみたいになってしまっていたのと、
ドン・ヘンリーがソロ時代のヒット曲歌ったのに、
もうひとりのメインボーカル、グレン・フライはソロ時代の曲を歌わなかった
(The Heat Is On好きなんです…)


アンコールあたりから
お客が帰りはじめる???
なんて事がなければ、
もうほんと完璧なコンサートだったんんじゃないかと。


そういえば、ドン・ヘンリーが日本語でふとつぶやいた
「ばけもの…」
ってなんだったんだろう???


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

17年ぶり!?デラルスのライブ行ってきました!
ちょっと書くのが遅くなってしまいましたが、
先週ORQUESTA DE LA LUZのライブを観に行ってきました!

デラルスは、僕が中学生の頃、
TV番組、"タモリの音楽は世界だ"
で知ったのかな?
親がたまたまだったのかな?
チケットをもらって、
原宿まで観に行ったのを覚えていたり。
そこで知り合ったおじさまと意気投合して
その後何度か行った覚えも。
その頃はカルロス菅野さんや塩谷哲さんがいたんですよね~。
カルロスさんはフロントにいたので、
覚えているんですが、
塩谷さんは…。

初めて、関係者とかじゃなく観に行った邦楽…。
じゃないね…。
日本人アーティストだった気がします。


と、前置きが長くなってしまいましたが、
十数年ぶりのデラルスのライブ!
場所は渋谷PLEASURE PLEASURE
ここはこけら落としのSentimental City Romance
を観に行って以来。
その時は音響にちょっと?
を感じたんですが、
今回は良い感じでした!

ライブ自体は踊った~!
Mint Julepのメンバー皆で行ったのですが、
自由席で、来る時間がバラバラだったので、
各自だいぶ離れた席に。
ということでというわけでもないですが、
好き勝手楽しんじゃいました。
こういう感じ相当ひさしぶりだったなあ~。
デラルスも十数年前の時は、
サルサの伝道師的な雰囲気が色濃かった記憶が何となくあるんだけど、
今はそれより楽しまなきゃ!!!
というところがより増している気がして。
ベスト盤に入るという松任谷由実さんが書いた新曲も含め、

VERY BEST OF ORQUESTA DE LA LUZ~25th Anniversary CollectionVERY BEST OF ORQUESTA DE LA LUZ~25th Anniversary Collection
(2010/08/25)
オルケスタ・デ・ラ・ルス

商品詳細を見る


日本語の曲も結構やるのにもびっくり。
あ、前も"私はピアノ"とかやってたかな?
とにかく楽しませていただきました!


終わった後の疲労感がなんか嬉しかった!




また行きたいと思います!

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


Profile

奥野裕介


奥野裕介


  音源制作や
  様々な歌い手さんの
  ギターサポートしています

  自分で歌うことも多々!

YUSUKEOKUNO.INFO

Links

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Mint Julep

Mint Julep web site

「桃色バカンス」

「物語をつなぐもの」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる